レ・ミゼラブログ
エロゲ感想記(休憩中)

謎の彼女X10話

第10話「謎のアバンチュール」
いわゆる早川編は原作だと7話分。
アニメで3話くらい使ってくるかなと思ったら、どうやら2話に詰め込むっぽい。
今回は原作の4話目の途中までだから、ちょうど半分くらい。
だからテンポが速い速い。これくらいの方が間延びせずにおもしろく見れるよね。
気が早いけど、そうすると12話13話が空くんだよなあ。13話は最終回エピソードをやるとして、12話に何をもってくるかが結構難しい気がする。あえて早川編のあとにもってくるものっていったら謎の妄想しかないからまあこれなんだろうけど。そのあとはアイドル編が始まるし。


そんなわけで山場の早川編。
アバンから飛ばす飛ばす。厳密に言うと原作の前半の文化祭があってどうのこうのいう話はカットされてるから、余計に早く感じるんだろう。早川の涎を舐めようとするところは普通ならCMはさむと思うんだけど、普通にAパートですませてしまった。
Aパートでは、まず何かと論争を呼んでる椿が彼女はいないと嘘をついたこと。
好意的に受け取るなら、椿は基本的に彼女はいないことにしてるから、早川にもそう言った。つまり悪気もなんの意味もない自然な返し。
厳しく見るなら、彼女はいないことにした方が早川と親しくなれるかもしれないという、いわゆる浮気心。
基本的に椿は、というかこの漫画には器用な悪人はいなくてみんな不器用でストレートな感じだから、前者かなとは思ってる。
で、それは早川も同じなんだよね。10話の早川は見方によれば相当計算高い悪女に見えるけど、実際はそんなに器用なもんでもない。言ってることややってることは結構本音が多い。卜部を文化祭に誘ったのも真っ向から挑んだし。椿を文化祭に誘うやり方は結構あくどいけどね。まあ早川のキャラについては次回を見てからで。
どうでもいいけど早川の「卜部美琴さんですよね?」の件に夢使いの言い回しっぽさを感じずにいられない。
Bパートで早川が椿を家から呼び出す件を省いたのはなんでなんだろう。単に尺の問題かなあ。携帯電話を使わない、家電話でやりとりするところが見られる個人的に好きなシーンなんだけどなあ。


今回は早川に振り回されっぱなしだけど、11話は10話がすべてただのお膳立てだったかのような怒濤の展開になるよ。つーかアニメでどうなるんだろうかっていうね。11話は作画マックスで頼みます。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

こぜっと

Author:こぜっと
はやみんおれんだかんな

心の旅

アニメ

テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト 世界征服~謀略のズヴィズダー~

キスダム

素人にはおすすめしない

キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト

ほんだな

久々に更新

うぽってうたこい参加

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック