レ・ミゼラブログ
エロゲ感想記(休憩中)

2013散財その2

買いそろえてからだいぶん時間が経って詳細を忘れつつあるけど時間が経たないとできない評価もあるんだよ。
そんなわけで2013年3月の散財その2、新PC環境。
コンセプトは完全無欠唯一無二の実況機。
キャプボで見るアニメを淀みなく快適にJaneで実況、もしくはキャプってアップして貼り付け。
元々PCには詳しくないから、ソフト面でいろいろいじって視聴環境、キャプ環境を改善するというのは苦手。
では金をかけてハード面をガツガツいくのはどうだろうか。

事の発端は去年あたりからPCがやたら重くなりだしたこと。はっきりと感じたのはFE覚醒をやるためにWi-FiUSBコネクタをつけたあたりから変に重くなりだした。やっぱりゲームにオンラインなんて必要ないんだよ。
しかし考えてみればOSはXP、ウェブブラウザはIE7だか8だかがXPでは限界で、重い。さらに録画用にStationTVも常時起動させて、メモリ4GBくらい積んでたけどだいぶん無理してたと思う。録画データや写真データは外付けHDDに移行させてたけど、それ以外は基本的に内蔵HDDに蓄積されたまま。キャプフォルダが入っているフォルダを開くときにいつも1分くらいかかっていた始末。
旧PCを買ったのが2008年7月。懐かしすぎる…。あれから早4年半。ソニータイマーは5年というけど、今時のデジタルデバイスって結局5年が限度な気がする。そりゃ5年でも10年でも使えることは使えるだろうけど、標準的な快適性を保つって難しいと思うんだ。そういうわけで、時期が来たと思ったんだよ。
新しい年度を迎える直前の3月。やるなら今しかない。完全無欠唯一無二の実況機をコンセプトに、新PC環境を検討しだした。

<メインスペック>
・OS:Windows8 PRO 64-bit
・CPU:Intel Core i7-3930K プロセッサー(6コア / 12MBキャッシュ / 3.20GHz)
・メモリ:8GB×4
・グラボ:ZOTAC GTX650
・ドライブ:256GB SSD / 2TB HDD

前回同様ツクモのBTOにて。これでパワーとスピードは確保されたようなもの。オーバースペック?オーバーなくらいがちょうどいいんだよ。

あとはモニター。テレビを見ること、実況、キャプアップスペースが必要な自分としてはモニターの大きさはかなり重要。といっても旧環境でも既に24インチ級を2枚使っていたわけで。しかし足りないのだ。もっと広大なスペースでウィンドウが他のウィンドウに干渉しない環境を作りたい。そんな欲望に駆られながらヨドバシをうろついた。理想は30インチを2枚。このスペース環境こそ至高。そりゃ50インチ1枚とかの方がいいだろうけど、まあないし…。そんなわけで30インチを探したのだけど、余裕の1枚10万越え。金に糸目はつけないつもりだったけど20万はさすがに糸目がつく。1ランク落として27インチ。これならいろんなメーカーから3~4万で出ていて、選ぶ余地があった。結局安心と信頼のMITSUBISHIの27インチを2枚買って落ち着いた。まあこのへんで既に妥協しててコンセプトは崩れてるよね。
あとで知ったこと、しかも重大なことが一つ。どうやらモニタの解像度はグラフィックボードによるらしい。つまり、1920×1080のグラボでいくら24インチ以上のモニタに映し出したところで、それは24インチ上の1920×1080の絵が引き延ばされるに過ぎない。27インチにつないで起動させたけどでかいんだよ、アイコンやら文字やらが。つまりこれは、ワーキングスペースが広くなったことにはならないんだよ!教えといてよ!そういやモニタ買うとき店員がそんなこと言ってたような気もする…。
選択肢はあった。1)グラボの2560×1440のやつを買って、モニタも2560×1440に対応したやつにする。2)泣く泣くこのままいく。3)2枚で足りないなら3枚にすればいいじゃない。
1)はさらに金がかかりすぎる。発端がミスというのがなんか嫌。しかも一応店でグラボを探してみたけど、2560×1440って見つからないし…。これはまた5年後に導入することにしよう。時代が俺についてこれなかったんだようん。
2)はまあ、普通そうすると思うけど、ただでは転びたくない性分。なんとしても今以上のスペースが欲しい。
3)案がそんな時浮上。このグラボ、モニタは2枚しか挿せないのか?藁をもつかむ思いでPC背面に回る。DVIコネクタは2箇所のみ。しかしHDMI miniがその隣に!狂ったように最寄りのPCショップまで車を走らせてHDMI miniケーブルを購入。第3のモニタはどうするかって?旧モニタの24.1インチを使うんだよ。何気にこれ(MDT242WG)1920×1200の解像度で、11万もしたんだよなあ…。これなら27インチほどじゃないけど、高さはそこそこ揃えられる。つないだ。つながった!トリプルモニターの時間だあああああああwwwwww
IMG_0137.jpg
つまりこうである。既存のモニタ(24.1インチ+24インチ)のうち、24インチを1枚排除。引き延ばしただけのデカ表示27インチを2枚追加で、解像度としては1920×1200+1920×1080+1920×1080のトリプル。こうするしかなかったんだ…。
一応問題と課題はあった。いくらなんでもワーキングスペースが横長すぎる。要は5760×1080のモニターでやっているようなもの。バランスが悪いのだ。これを解決する一案を思いついた。縦置きにしてモニターアームで並べてはどうだろうか。そうすると3340×1920になってバランスはよくなる。思い付きはしたんだけど…。結局実行には移してない。アームの値段もバカにならないし、そこまでやるのはなんだかばからしく思えてきた。とりあえずこのアス比6:1のモニターでやって、やりづらく感じたならその時考えようという結論に至った。
排除されたモニターはどうしたかって?実は旧環境はそのまま保存してあるんだよね。新環境に加わったMDT242WGもスイッチ1つで旧PCに接続されるようにしている。つまり…自分でもよくわからない環境なんだよ。
IMG_0138.jpg
見た目4枚モニターに見えるからなんかもう人は呼べないよ!ちなみに新環境に移行して以降、旧PCは起動させてません。まあそんなもんだよね。

そんなわけでトリプルモニターに落ち着きました。その後PT3やケーブルなどキャプ環境も整えて、かなり完成してきました。
新PCの中。PT3はグラボの真下のちっさいところに挿した。
IMG_0103.jpg
整頓されてて綺麗だね。ちなみに久々に開けた旧PCは、以前のこれからこんな感じに変わってました。
IMG_0119.jpg
いや見た目変わってるはずはないんだけど。写真だとよく見えないけど、埃が凄いんだよ。4年以上蓄積された埃が。そりゃこれだけ埃まみれだと調子も悪くなるかなと、逆によくこの状態で動いてたなと思ってしまった。でもPC開けるのってめんどくさいんだよなあ、重いし。今となってはつながってるものが多すぎるから簡単に倒したりできないし。そういう意味でもやっぱり寿命はある程度決まってるかも。

そんな感じでハード面は金をかけて揃い?ましたとさ。次はソフト面。新環境に新しい風をということで、ウェブブラウザの変更を。古くはネットスケープ、次にIEときて、次世代ブラウザに選んだのは…Chrome。なんか結構評判いいし。FireFoxとかまあいろいろあるけど、結局はなんでもいいと思うんだ。ただChromeっていうのがどういうものか見たくて、とりあえず導入。軽いなあという印象。ブックマークとタブの位置を混同したりと慣れない場面もあったけど、それなりに使いこなせるようになる。問題はただ1つ。コピーのボタンを押してもクリップボードにコピーできていない。ただこれだけ。これだけなんだけど結構大問題なんだよねこれ。今までキャプの貼り付けはコピーボタンに頼ってきたもんで、これが取り上げられると何もできなくなる。と危惧したんだけど、ちょっと手間はかかるけどURLのテキストを手動でコピーすることにした。トータルで見るとワンステップくらい手間が省けることも判明したし、これはこれで解決。使えるべき機能が使えないのには納得できないけど実用性を重視しよう。

次にソフトというとめんどくさいキャプ環境。以前やったような手順をいろんなサイトを見ながら膨大な時間をかけて整える。もう儀式だよこれはキャプチャーの神様に捧げる…。いろいろあってなんとかおなじみTVTestで視聴、キャプ可能な状態になる。今回はこれに加えてPT3で録画もしてしまおうという企画。いや以前からもできたんだけど、なんかいろいろめんどくさくなって既存のシステムに頼ってしまって諦めてしまったんだよね。それを今回は気合い入れて取り組んでみた結果。紆余曲折を経てPT3で録画可能に。録画データを通常の動画データとして扱えるから便利。VLCで視聴してるけど、ちょっと画質悪いかな…。エンコード?知らん。静止画キャプもTVTestでやった方がいい。

静止画キャプについて。環境が変わったためか、デコーダやレンダラにも変化があって、旧環境とは違う感じに。
まず連続キャプ能力が飛躍的にアップ。秒間10枚くらい連射できるからコマ数多いシーンも安心だし、エンドカードの提供かぶりも隙をつけるよ!たいてい忘れてるんだけど。ただ結構PCに負担がかかるからほとんど連射はやらない。あと良くなったのは動きもののインターレース縞がなくなった(極めて微細になった)こと。旧環境だと切り刻んだような縞ができて、見せられたようなもんじゃなかったけど新環境ではアニメではまずゼロ。実写でもほとんどなくなる。動きが激しいと画質は荒くなるけどね。これは結構嬉しい。
反面、静止画1枚1枚の画質はかなり落ちた。原因は不明。初期のころは結構マジで見られたものではなかった。TVTestの画質は実際にモニタに現れる画質に影響されると知ってから、モニタ(グラボ)側でシャープネスかけまくったり、解像度よくするためにTVTestウィンドウ1つにモニタ1枚割り当てたり(大胆な発想だけどこれは実際効果的だし、いろいろ他にもいいことがあった)して、なんとか見られる程度の画質に。やろうと思えばPNGで出力してってできるけど、サイズがjpgの比じゃなくなるので実用的ではないと思ってこれはなし。画質と快適性のバランスをとった感じで。本当はAviutlとか使ってやりたかったけど、なぜか起動してくれなくて断念。まあ手間を最大限に省ける方法ということでいいんだこれで。
静止画キャプアップについて。旧環境ではキャプったものを1枚1枚ビューアでチェックしながらアップしてたけど、アップウィンドウにそこそこ大きな画像が現れるようになったからチェックする手間が省けてスピードアップって何言ってるかわからないよねうん。まあウィンドウズ8の数少ない良いところを生かしてるんだよ。
そんな感じで視聴、録画、実況共に旧環境よりは快適にできています。

録画ソフトについてもう少し。苦労して導入した甲斐あって、性能はかなりいい。野球延長とかで時間がずれても、かなり瞬間的に時間修正して録画してくれる。今のところ割と絶大な信頼を置いている。欠点としては、PT3のチューナーを1個使うから、同時録画したい時にもう1個使って、その際に視聴用チューナーが余らなくなること。つまり地上波あたり2個しかチューナーがなくて、録画×2個使うと実況ができなくなるという。解決策としては、1)PT3をもう1枚導入していわゆる2枚挿しにしてチューナー数を増やすか、2)視聴用(実況用)チューナーで視聴兼録画をするか(これはできるんだよね、予約じゃなくて手動になるけど)、3)U局を3局見れる強みを使ったりBSを使うか。現状、可能な範囲で3)をやっているけど、そのうち無理なものがでてきたら2)かなあ…。まあ旧環境からPT2を持って来たり、旧環境を起動させてそっちで録画させて…ってやりようはいくらでもあるんだけどwなるべく1個体、1キャプボでスマートにやりたいよね。

ウィンドウズ8についてもう少し。正直これは糞OS。もう一度言おう。
Windows8は糞OS
どのへんがくそって、できて当然なことができないこと。例えるならテイクアウトのできないファーストフード。振込のできないATM。階段しかない高層ビルといっても過言ではない。強くそう感じたのはウィンドウ。フォルダを開いたときに出てくるあのウィンドウである。普通あれは開いた場所が記憶される。場所を一度覚えさせれば次回からも定位置で開いてくれる。型にはまった作業をしたい時は必須というか、近代PCにおいて当然の機能である。それがだよ、このウィンドウズ8くんはできないんだよ、記憶が。ウィンドウの記憶ができない子なんだよ。ビルゲイツはなんでこの機能を排除しようと思った?どこにそのメリットを感じた?というかよくその機能を排除候補にあげられたもんだ。あって当然のものに気がつくことってなかなかできない。ある意味優秀だよ。それを排除したビルはなんなんだよもう。本当に理解できない。よく理解に苦しむっていうけどたいてい苦しんだりはしない。でもこの場合は苦しくていい。ウィンドウ開いたら居て欲しい位置に居ないんだよ手動でそこに持ってかなくちゃいけないんだよ。何が本当に苦しいって、この異変に気付いた時ネットでの批評を見てみたけど、これについて言及している人、サイトは皆無。皆無。俺だけなのか…。それか何か抜け道があるのか。長年巻き込まれアク禁になっている2chでわざわざ携帯を使って質問してみると、「ソフト使え」。どうやらそういうソフトがあるらしい。導入して使ってみる。うーん立ち上げと同時に自動でやってくれたらいいのに、ワンクリックとは言え手間がかかることには変わりはないが、これで妥協するしかないか…。
巷ではスタートボタンがなくて糞って言われてるけど、まあ糞なんだけどもう慣れたかな。このウィンドウトラップは未だに誰も言及してないようで、スタートボタンが出てくるアップデートはされるらしいけど、ウィンドウを記憶してくれるアップデートはなさそう…。

ウィンドウズ8のいいところでも。上の写真にもあるけど、壁紙が3種類異なるものを同時に配置できる。Vistaとか7は触ったことないからもしかしたら8の新機能なのかどうかはわからないけど、まあこれは地味にいい機能だと思う。さらに指定した時間ごとに壁紙がローテーションしてくれる。「お」と思える瞬間があるのはいいこと。ウィンドウズ8のいいところ終了。

少し話を戻して、新環境の他のデバイスについて。音響環境。今まではモニター付属のスピーカーで聞いてたんだけど、今回買ったモニターの音がひどすぎた。ストウィOPのCDを聞いた人ならわかると思うけどあんな感じの籠った超低音質。聞いてると気持ち悪くなってくる。これは耳に悪いと思って急遽音響機器を取りそろえる。いろいろあってTEACのアンプにDENONのちっさいスピーカーを2つ買った。何気にPC音源をスピーカーで聞くのって初めてで、これはこれで新世界。

そんなもんかなあ。
テーマが散財なので、お金についてまとめると…。
・PC:込み込みで20万くらい。
・モニター:4万×2で8万くらい。
・音響:アンプ2万+スピーカー5千×2くらいで3万くらい。
・PT3:1万くらい。
・その他ケーブル類など小物:1~2万くらい?
というわけでだいたい33万くらいかかりました。前のカメラと同じくらいだね。使ったなあ…。

で、
唯一無二完全無欠の実況機になっているかどうかというと。
唯一無二完全無欠かどうかはともかく、結構いい感じだと思う。
欠点としては、上記のやつ以外にはエクスプローラが特に負荷をかけてないのに勝手に落ちることが多い。これでまたウィンドウ記憶ソフトを使わなければ定位置にいってくれないのでイライラがつのって結構マイナス。
あとは基本的にパワフルかつスピーディーなんだけど、唯一iTunesを開くときにやたら時間がかかる。旧環境でも1分くらいかかってて、新環境では20秒くらいだけど、時間かかってるなあと。現状で3148曲21.37GBだから重いのはわかるけど、この大容量データを扱うソフトでも軽く1秒くらいで起動させてくれるとおおーってなるよね。
危惧されたモニターのアス比バランスについてはもう慣れたかな。横の移動が凄いけど、トラックボールの回転なら一瞬で移動してくれるし。実況中は左モニターでJane実況、中央モニター丸々使ってTVTest視聴&キャプ、右モニターでChromeでアップ+静止画キャプ保存フォルダでキャプチェック。アップウィンドウでチェックできるっていったけど、画像の詳細を知りたい時はやっぱりビューアで見ないとわからないしね。

そんな感じで。元気にやってます。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

こぜっと

Author:こぜっと
はやみんおれんだかんな

心の旅

アニメ

テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト 世界征服~謀略のズヴィズダー~

キスダム

素人にはおすすめしない

キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト

ほんだな

久々に更新

うぽってうたこい参加

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック