レ・ミゼラブログ
エロゲ感想記(休憩中)

ライブ感想 -Ceui:ガブリエル・コード ツアー-

事の始まりを言えば。
それはAmazonの広告だったのだと思う。
Ritaの新アルバム「星の雨Ⅱ」の広告、良さげなので買おうとしたところ、付記してあったシークレットライブへの招待。
なるほどMemoRiaのライブ版に惹かれた自分がライブに行ってないというのもおかしな話だ。
暇そうな日を見つけてライブに行くのもいいかもしれない。
そしてRitaのライブに関してはまたあとで触れるとして(シークレットは抽選なので行けるかどうか不明)。
11月20日に発売されたCeuiのアルバム「ガブリエルコード」。
歌詞カードの中には同じくライブの広告。
思えばCeuiを知ってから長い。まだこのブログが真面目に記事を書いていたころに触れた数少ないアーティストでもある。
この機にライブに行ってみるのもいいかもしれない。
そうした軽い気持ちでチケットを取って、去る1月12日にその日は来た。
そこで様々な意味で想像を覆させられた。
そもそもCeuiのイメージとはどんなものだったのだろう。
白い、透き通る、かよわいあたりか。最近ではちょっと頭おか(ry
それらは当たってもいたが欠けてもいた。
まずハイテンションすぎた。躁かと思うほどのハイテンション。あの声でである。
そう声、声もCDのイメージとやや違って、どちらかと言えば萌え系の声か。
さらに高音域が鋭い。そしてハイテンション。MCが脳に突き刺さるような感じだった。
そしてそういうキャラなのか天然なのか、なんとも表現し難いキャラ性。
アドリブがMCの半分以上占めてたような気がするけど、そこでも天然ぷりを発揮。
そしてあの歌声。よくまあこんな人ができたもんだなと感心せざるを得なかった。

プロのライブはこれまでにも行ったことがあったけど、全部箱が巨大なものだった。
だからおそらく300人未満の規模だったと思うけど、小さい箱でのライブは初めてだった。
近い、圧倒的に。単に自分とパフォーマーの物理的距離だけでなく、箱が小さいからパフォーマーからの発信性が精神的に近い。だから言葉の投げかけが個対多ではなく個対個に近いものになっている。気がする。
つまり親しい空気が生まれる。白く透き通るかよわいCeuiが物凄く身近に感じられる空気になったのだ。

1曲1曲の感想を。セットリストは覚えてないしちょっと探してもなかったので覚えているだけ。
ちなみにガブリエルコードからはインスト曲を除いて全曲やった。

・ガブリエル・コード
さすがというか。Labyrinthusのライブ映像見たときに劇場型のライブだなと思ったけど、期待通りのこの曲の演出。
間奏でジャケットのポーズのまま微動だにせずに1分半くらいいたCeui。これを見に来ました。

・レボリュシオン
ファンと本人とライブのことを歌った歌。今回は特にライブの副題がファン就任式みたいな感じだからぴったりはまる。
セーイ!

・全知全能シャングリラ
劇場型の最たる楽曲。MCのキャラもよかった。その演出あっての歌で、CDで聴いた時より凄くよく聴こえた。ライブで印象変わった曲。

・砂漠のサンタマリア
エッジの効いたライブ向けの曲。これも元々好きだったけどライブで印象変わった。

・Last Inferno
たぶんCeuiライブの定番曲。いい歌。

・Knight Of Gold
私の○○をあげるわのところを見に来たよねうん。

・花になった少年の神話
きたー!ライブでは初めてやるとのこと。14分を強調。自分もやってくれたら嬉しいけどまさかやらないだろうと思いつつもCeuiならきっとなんとかしてくれると信じていました。圧巻の14分だったよね。ライブサウンドだからちょっと音が強めでCeuiもそれに負けじと声を張ってたけど、オンリーワンでよかったと思う。媚薬の森のところがピンク一色でよかった。間奏でギターががんばってた。ラストパート直前のとこなんて言ってるんだろう…。Ceuiを信じてよかった。

・人魚姫と王子の物語
往年のCeuiを彷彿とさせるスローバラード。ライブでは海の底というイメージで本人も床に座って歌った。歌唱はもちろん完璧。MC前の人魚姫の紹介も情が篭っていた。歌の後足痺れてたw

・奏愛カレンデュラ
MCでやたら八犬伝を押していた。女の子がかわいかったよねうん。かなりお好きな様子。

・風のなかのプリムローズ
これは何のエンディングだったか覚えてる~?って聞かれて「なかいもだったかな?」と思った自分はファン失格ですね。ああこいせんねこいせん。本当は恋チョコらしい。何気にRapsodiaの中で一番好きかもしれない。

・ミファソラシでキスしよう
これはガブリエルコードの中でもかなり好きな曲なんだけど、ライブで楽しすぎた。凄い印象深い曲。

・ステラの降る夜、君の歌声
ステージの天井にあると思われる星を心の目で見ることを強要された歌。いや雰囲気作りがうまいね。さすが妄想で作詞している人だ…。

・今、歩き出す君へ
これは知らない曲。でも凄くいい曲だった。成人の日の流れから新成人に送る歌として。何の曲かなと思ったら「いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!」やばいこいせんに興味が湧いてきた。

・君だけの素敵なタラント
アンコール1曲目。いい歌。振り付けがかわいかった。

・God Bless -あなたに光あれ-
最後の最後にこれ。いい曲持ってくるなあ。わかってるなあ。最高でした。あとキーも高い。これを観客に歌わせるドSCeui。最高でした。

あと2曲ほど知らない曲があったけど、調べ切れなかった。特に1曲は凄い気に入ってどうしても欲しかったけど曲がわからないことには買いようもない。と言いつつ適当に目星つけて未購入CDを2枚ほど購入。ファーストエデンていうのとユースティアのイメージアルバム。なんかファーストエデンにありそうな気がする。

あとアンコール後にセンティア(ファン)就任式が。これアンコールしなかったらこのライブの目的果たせなかったのか…。なんとライブ前に記帳した自分の名前がCeuiによって読み上げられることに。漢字なら読み仮名振ってって言われたからなんかあるんだろうと思ったけどまあ本名書いたよね。それはそれでいいんだけど、HNもありだったかもしれない。追加公演でもあったらHN書いてみるか…。

ちょっとアニメ関連のライブについて。
まあサイリウムを始めとする独特のノリについてだよね。
サイリウムに関しては主催者側が良しとしてるし、その振り方も観客の指揮者みたいな人がいて、いやその人ゆっきゅんは凄くいい動きしててよかったんだけど、そういうのがあるくらいだしむしろやってほしいんだと思うんだけど。
それでも周りの画一化された動きに合わせるのに抵抗がある自分はライブに向いてないのかなあ。
これはアニメ関連だけじゃなく、一般アーティストのライブでもそうなんだよね。今腕振らなくてもよくねって思う。
そういうところは自分で好きにするのが正解だと思ってるしステージ側もそう思ってくれてると思うんだけど。
Ceuiライブでは「ここからは座って~」と促してくれたのでそこが凄くよかった。
そう、個人的にはライブは座って聴きたいんだよね。それを客観的に見ると全然盛り上がってないと思われるだろうけど、内心は胸がいっぱいなんだよ。花になった少年の神話とか人魚姫と王子の物語はもうそういう意味では最高だったよね。あとついでに言うと自分のオススメはライブ中にも関わらず目を閉じて聴くこと。開眼時のリアルに3倍くらいは集中して聴ける。パフォーマーを目に焼き付けつつ、ここってところで目を閉じると最高に贅沢なライブにできる。
そんな感じで、たぶん自分は今後も好き勝手にライブ中に振舞うことだろう。○○して~ってところではやってるし迷惑はかけてないはず。

今回ライブに行って思ったのは、なんだろう、アーティストの規模とライブの近さっていうのは反比例にあるよね。
ライブなんていうのは箱が小さければ小さいほどいいと思う。もちろんちゃんとした音響環境が整っている前提で。
でもアーティストの規模が大きくなるとどうしてもファンが入りきらずに箱が大きくなる。たくさんの人に聴いてほしいけどそうするとファンとの距離や音質が損なわれる。なんとも二律背反な関係である。
でもアニメ関連ていうのはそこそこ有名な人でも今回みたいな300人未満という非常にコンパクトな箱でできる。これは正直おいしい。値段も5000円とこなれていて、しかも今回実に4時間近くもあった。値段、時間、距離とどれをとってもファンにとっておいしすぎる条件なのだ。
せっかくこんなマイナーな業界に通じているんだから、そのおいしさを享受すべくどんどんライブには行けばいいと思う。と初ライブに行って思いました。

で、追加公演が決まったらしくチケットも会場で売ってるとのことで、なんていうかフットワークが軽い。たぶん自分が思っている以上にライブに対するノリが軽いんだと思う。自分的には一大イベントなんだけど、どうやらこの業界ではそうでもないらしい。それも箱が小さいことに起因するのかもしれない。若めの整理番号を買いました。
そして昨日の今日でRitaの通常ライブも購入。シークレットが当たったらそれでいいかーと思ってたけど居ても立ってもいられずに調べる。一般席は売り切れたけどなんか関係者席が開放されたらしく幸運なことに買えた。どうやら最前の隅っこの方らしい。嬉しいけど確実に片耳を持っていかれるな…。

コメント

Ceuiちゃんのライブのことを書いている人がいないかなと思ってネットの海を彷徨っていた所、記事にたどり着きました。
私もCeuiちゃんを長い所応援しているので、素敵な感想に出会えて嬉しいです。
花になった少年の神話は今回含めて2回生で披露していますが、今回のほうが思いが強くてほんとうに素敵でした。

失念されている曲は恐らく「不思議の国のセイ子」だと思います。
First Edenに収録されています。
もう一曲はちょっとわからないのですが…。
すこしでも足しになれば幸いです。
箱は小さなアーティストなので、またどこかの現場でお会い出来たりすることを夢見ながら。
失礼致しました。
【2014/02/05 22:43】 URL | み #1n8jZd9M[ 編集]
>みさん
まとまりのない文で恐縮です。
花になった少年の神話はいろいろ壮大すぎてライブじゃ絶対やらなさそうと思ってただけに、やってくれたこととそのパフォーマンスに感動しました。
曲はその後判明しまして、それで正解です。なんでわかったんだろう…。
また機会があればエデンに浸りに行きたいですね。
【2014/02/06 00:58】 URL | こぜっと #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

こぜっと

Author:こぜっと
はやみんおれんだかんな

心の旅

アニメ

テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト 世界征服~謀略のズヴィズダー~

キスダム

素人にはおすすめしない

キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト

ほんだな

久々に更新

うぽってうたこい参加

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック