レ・ミゼラブログ
エロゲ感想記(休憩中)

ライブ感想 -Rita: 「merry! & 星ノ雨Ⅱ」 発売記念イベント-

SWANSONGを始めて2日目、今日の雪とのシンクロ感があれだよね。あと地震が起これば完璧。
そんな雪の日にまたしてもライブというかイベントである。
これは2枚のアルバム購入→応募→当選という形の無料招待のイベント。しかも今日行ってわかったけど50~60人程度の規模。結構な確率で引いたわけである。ちなみに自分の当選番号は61w
このイベントは一連のライブブームの火付け役になったと共に、その一連のライブの締めとなった。
そして締めにして最高のライブとなったと思うんだ。
雪。またしても雪である。よりによって何故この日なのか。もはや運命なんだろう。雪の日のライブ、きっと忘れられないライブになる。そう思えばいい演出だ。
60人程度の箱。椅子つき。これだけでかなりの好条件。開演の20分前くらいに着いたんだけど、たいていの客たちはもう着いていたようで、後ろの席しか空いてない。全6列程度で前も後ろもあったものではない。最後列には店のカウンターにあるような背の高い椅子があり、むしろ好条件だった。どうしても誰も座らないんだろうね。ど真ん中の最後列、前の客たちよりも遥かに高い視点から見渡せるステージ。最高条件といっても過言ではない。
さらに今回のライブはそういう決まりごとなのかどうか知らないけど、サイリウムなし、スタンディングなし、掛け声などもなしの超最高条件。これで無料。しかも雪の演出つき。尋常ならざる条件である。
物販でCD販売。持ってないCDもあるけど荷物になるからまた今度でいいかなあと思いつつ、サイン色紙がつくとのことでほいほい2枚ほど買う。いやまあ仕方ないよね。
事前アンケートを配られて書く。merryの感想とか好きな曲とかRitaへのメッセージとか。オヒサマよりもオヒメサマが好きです歌ってください。

だいたい時間通りに始まるライブ。音源はオケ。
セットリストは1部がmerryからでパノラマブルー/Over the Rain/リンガリング・パレード/Dear。
2部が星ノ雨Ⅱからで陽炎のような君/Psychologiaへの階段/SuperNova/未来の果て/君がいるかもしれない。

まずは1部のmerryパート。
明るくてアップテンポの曲が多いmerry。大阪でもやったリンガリング・パレードとかすごい好き。オヒサマよりもオヒメサマ歌ってください。Over the Rainを作曲したMeisさんも登場し、軽やかなトークも交える。箱が小さいからか、トークも普段のライブよりも自然な感じ。やっぱり箱は小さいほどいいね。

10分の休憩を挟んで2部の星ノ雨Ⅱパート。星ノ雨シリーズの作曲家の折倉さんをアコギに迎えて。
結論から言えばこれが最高だった。星ノ雨Ⅱは自分好みのしっとりとした曲が多くて、歌も情感たっぷり。全11曲の中で半分くらいやると聴いてテンション上がる。そもそも今回のイベントはどういうものかわかっておらず、歌を歌うのかどうかすらわからなかったけど、これだけやってくれて、しかも星ノ雨Ⅱの曲を6曲も聴けるとは。
陽炎のような君。アルバム1曲目のインスト曲の次の曲。実質1曲目。疾走感と流れる感じが交じり、それでいて切なさを孕む曲。そもそも星ノ雨Ⅱは物語であって、歌詞カードには歌詞の他に曲ごとの背景となる物語が綴られている。その、始めの物語。
Psychologiaへの階段。これは東京でもやったよね。直感型の主人公と対照的な、論理型のヒロインの歌。MCで言ってたのは、Psychologiaというのはサイコロジーの元となった言葉。これサイコロジアって読んでたけどプシュコロギアとからしい。ギリシャの匂いがする。
SuperNova。このアルバムの中でもだいぶん好きな曲。物語的には異変が起こって世界が滅亡に向かう起点になる曲。疾走感と歌詞に潜む激情感のハードルが高い歌。サビを歌うRitaが印象的だった。
未来の果て。このアルバムの中で相当好きな曲。ゴリゴリ感がいい。どうしようもない現実を前に、ヒロインは諦め、主人公は夢を信じる。サウンドはゴリゴリ系なのに歌は静かに歌ってるのがいい。ライブでも多少の抑揚はあるとも、CDの歌い方に則していたのがよかった。ライブでもこういう歌い方ができるのが本当に凄い。
君がいるかもしれない。このアルバムの中で一番好きな曲。このアルバムはRitaと折倉さんで作ったんだけど、バッドエンド好きな二人で作って、ラストをRitaがさらにバッドな方向に持っていったとかwアルバムの締めとなるこの曲、ヒロインも消えてたった一人だけで生きる主人公は、残されている時間がたった1秒だとしても、生きることを選ぶ。そこにいる未来もあったかもしれないヒロインの面影をどこかに探して。曲構成が変則的というかシンプルで、1番AメロBメロサビ、2番AメロBメロサビ、後奏に被さるCメロで終わる。ちょっと短くて物足りなさがあるんだけど、そこがまた演出になってると思う。涙なしには聴けない曲。Rita自身も悲しくて聴くのがつらいとか。歌っても涙。そんな名曲。

最後にプレゼントお渡しジャンケン大会があって、ジャケットに使われたアヒルとか球とかアクセサリーとかが賞品。すべて1回目で負ける自分って…。merryの球欲しかったなあ。あれはジャンケンじゃなくて投げてたか、最後列に引いたのが裏目に出た形に。

全9曲+まったりトーク+ジャンケン大会で1時間半くらいのイベントだった。最後の最後に2月14日ということでRitaから出口でチョコのお渡し。いい人だ…。帰りの雪道で速攻で口に入れる。ありがとうございました。
折倉さんが言うには星ノ雨全体のライブをやってみたいっていうかやるとか。絶対行くよ!
とりあえず今回で一連のライブは締めで、しばらく予定はないけど、割と近いうちにまた行くことになりそう。まだまだ聴きたい曲はたくさんあるんだよ。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

こぜっと

Author:こぜっと
はやみんおれんだかんな

心の旅

アニメ

テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト 世界征服~謀略のズヴィズダー~

キスダム

素人にはおすすめしない

キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト

ほんだな

久々に更新

うぽってうたこい参加

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック