レ・ミゼラブログ
エロゲ感想記(休憩中)

2014年10月期

今期は2クールものが多かったのか、終わるものが少なめな感じ。全体的には結構よかった。
★★★★★ 蟲師 続章(第2期)
2クール目もいい話が多かった。最終回はスケールの大きい話で結果的にハッピーエンドでよかった。蟲師はいわゆるバッドエンドでも全体的に見ると、または根本的には納得できる話が多いからバッド感は薄い。たまにひたすらバッドなのもあるけど。
この続章と来年の劇場版をもって原作ストックをすべて消化したことになるらしい。つまり3期は100%ない。原作完全アニメ化ということで、お疲れ様でした。
劇場版見に行きたいなあ。舞台は、うーん。

★★★★★ ヤマノススメ セカンドシーズン
何話だっただろうか、あおいとひなたがケンカする回でびびっときた。元々1期はいい感じだけど短いなーくらいにしか思ってなかった。2期は15分と尺が取れたせいか物語全体が丁寧に作られていて、それでいてテンポもいい。そして何よりも大切な、主題というか表現したいものがよくわかるし、とてつもなく純粋なものだった。それをいくらかの萌えと一定以上のクオリティを持って贈り届けてくれたことに感謝。
クライマックスはなんといっても1クール目終盤の富士山。ここであおいは高山病のため撤退を余儀なくされる。このへんは場所は違っても、迎える朝日は同じ的な熱いノリでいくのかあと思ってたけど、割とドライにあおいは頭痛のため富士山に登ったことを後悔するとこまで落ち込む。このへんのリアルさがこのアニメ、ひいては原作のいいところだと思う。下山して数日、あおいは出かけることもためらう日々を過ごす。思い立って出かけたのが1期で初めてひなたと登った天覧山だった。そしてそこでひなたと偶然会い、やっぱり山に登りたいという結論に至る。この12話のタイトルが「Dear My Friend」でBGMとして流れるのが、Dear My Friendがテーマである1期のEDスタッカート・デイズ。凄くいい曲。一度挫折はしたけど、またこれから。そんな余韻を思わせて終了。かと思ったら実は2クールアニメで歓喜。
このへんで何故か買ってなかったスタッカート・デイズと1期BD詰め合わせ、原作最新刊まで全巻を買って、2期BD全巻予約した。1期は毎週なんとなく、しかも同時視聴とかしてたからつながりとかバラバラだったけど、よく見ると原作のおいしいところをアニメ化していた。原作もアニメとは一味違って、作者の注釈とかがあってさらにリアルな感じで楽しめる。
2クール目は途中までスタッカート・デイズがED。ずっとEDでもよかったんだよ?そして途中からのOPが毎日コハルビヨリというあおいとひなたのデュエット曲。これがまた素晴らしい。全体的に歌詞がいいけど、とりわけ「世界で一番の絶景ポイントはいつも 目の前のその笑顔だったから」とか「ありがとう いつもとなりにいてくれて それだけでもう何もいらなかったよ」「ありがとう お返しは何がいい? そうね、笑ってくれたらいいな」とか至高。幼い頃の谷川岳と現在の状況をつなぐ、至高の歌詞。2クール目の内容は最初は山とはあまり関係ない、まったりした感じ。ここなちゃんの蛍とかめっちゃかわいかったし霧ヶ峰とかも凄いよかった。毎回よかったという奇跡。そして終盤の約束の場所、谷川岳。万感の思いを込めて、終焉。素晴らしい。3期やってくれ!

★★★☆☆ 天体のメソッド
まずビジュアルが素晴らしい。キャラ、背景、雰囲気が美しい。内容は割と簡単で、だからこそ12話何やるかっていうのは難しそう。序盤はゆずきのいざこざでどうなることかと思ったけど、中盤は日常的なことをやってくれて、序盤からもそのへんでまったり流してもよかったかもしれない。終盤でノエルこそこのアニメのすべてということがわかる。締めはちょっとご都合展開というか、これはこれでいいというか。悲しい締め方もあったかもしれないけど、そういうアニメでもないしこれでいい。全体的に凄くよかった。何よりノエルがかわいかった。

★★★☆☆ 棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE
各キャラの配置、話の展開、感傷的な締め方など、何気に凄くまとまっててよかった。ガズの敗因は最終兵器が人格を持っていたこと。記憶リセットエンドはよかった。惜しむらくは全10話だったためか最終回が駆け足だったこと。後日談はあれくらいの方が感傷的な余韻があっていいかもしれないけど。白チャイカと赤チャイカの片言の掛け合いが楽しかったのでそういう日常系の話があと2話くらいほしかった。
もう一度1期1話から見直したいアニメ。

★★★☆☆ 神撃のバハムート GENESIS
ご都合展開の最終回が多い中、ヒロイン消滅、きっと生きてるさというエンディング。終始真面目な展開だったけど主人公が楽天的だっただけに、ちょっと切ない終わり方だった。全体的によくできてた。2人の男主人公もよかった。いいアニメだった。

★★★☆☆ selector spread WIXOSS
正直終盤の展開がよくわからなかった。ちゃんと詳しく説明されてたけど、少し理解できなかったというか。まあ細かいことは抜きにして、締めがよかったかな。特に最後のタマがよかったよね。久野美咲ちゃんを信じてよかった。

★★★☆☆ 失われた未来を求めて
事故で寝たきりになった佳織を事故から回避させるために過去に遡行できる素体ゆいを作って過去に送り込む話。結果、事故は回避できたがゆいは任務を遂行すると消える運命にあった。過去の時空において主人公はゆいの方を好きになってしまう。ゆいの消えた後、記憶は消えてもその欠片が残り、ゆいを作る未来へ続く。一方元の時空では佳織が目覚め、ハッピーエンド。それぞれの時空がそれぞれの運命、結末を迎えてこういうのもありだと思う。脳=量子、記憶は3次元を超えるという理論が背景にあるのもよかった。割と自分好みのシナリオで楽しめた。

★★★☆☆ 繰繰れ!コックリさん
基本的におもしろかった。たまにあるうるっとくる系がよかった。最終回のもよかったけど、木に生まれ変わってずっと紅葉を見せていた話が最高によかった。

★★☆☆☆ デンキ街の本屋さん
まあまあ楽しめた気がする。カメ子がよかった。

★★☆☆☆ ガールフレンド(仮)
まさに美少女動物園。種類は最多か。みんな髪が明るくてもうちょっと落ち着けと。内容はまあ。いや楽しめたけどね。釣り目紫ツインテの子がかわいかった。

★★☆☆☆ 魔弾の王と戦姫
ラノベが無理して戦記ものやってる感じだった。思ったよりがんばってたけどわかりやすかったかというと微妙。そもそも何のために戦っていたのか。中途半端なエロが逆に鼻につく。こういうのはバランスが難しいんだなと再確認した。

★★☆☆☆ グリザイアの果実
構成が謎というか無茶苦茶。1話で済まされるヒロインもいれば4話使われるヒロインもいたり。みちるが一番尺的にも内容的にもバランス取れててよかった。最後のは回想3話も使わなくてもいいのに。まあそれなりに見れた。2期へ。

★★☆☆☆ 異能バトルは日常系のなかで
終盤で生徒会長に脚光が。敵役だけど。あと千冬ちゃんがかわいかったよね。声優的にもちょっと応援したい。内容はまあまあ以下。鳩子が切れる回がよかった。

★★☆☆☆ トリニティセブン
話はよくわからないけどやたら裸の多いアニメだった。それよりもEDがそこそこの収穫だった。ED1、ED2が特によかった。ED3、ED4はやや劣るけどそこそこ。

★★☆☆☆ 甘城ブリリアントパーク
話自体はそんなに魅力的なものでもないというか無難というか。キャラは結構よかったからそのへんを楽しむアニメ。着ぐるみたちが主人公に化ける回と4人娘たちが協力する回はおもしろかった。4人娘はシルフィーがアホかわいくてよかった。

★★☆☆☆ 結城友奈は勇者である
東郷は割と断じて許されないレベルのことをしでかしたからなんらかのペナルティは食らうべきだしそもそも決して許してはいけない。世界に絶望してラスボス化はいいんだけどその大任の責任をとれないようならなるなと。忘れないよ程度の言葉とパンチで改心する程度の決意だったのかと。それでみんな完全回復して外の世界のことはとりあえず収まったから放置しといて、美談で片付けようとするのはご都合主義というかもうひどい。ダークに行くならダークで最後まで締めてほしかったなあ。

★★☆☆☆ 旦那が何を言っているかわからない件
まあまあ。妊娠エンド。2期は来年4月から。

★★☆☆☆ 俺、ツインテールになります。
近年稀に見る作画崩壊アニメ。それはもう伝説のキャベツを彷彿とさせるくらい。凄かった。
内容はよくわからなかったけど、最初から最後までブレないツインテール愛は伝わってきた。たぶんそれで十分だと思った。

★★☆☆☆ Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
作画はよかったねうん。2期へ。

★★☆☆☆ ソードアート・オンラインII
いちいち突っ込むのもめんどいからあまり見てなかったけど見てる分には突っ込みどころ満載だった。まあどうでもいいんだけど。

★★☆☆☆ 大図書館の羊飼い
あんまり真面目に見てなかったっていうのもあるけどよくわからなかった。

★★☆☆☆ 愛・天地無用!
中盤の体育祭とかのあたりが割と好きだった。5分アニメだし適当にバカやってるのが合ってるかなあと。終盤のシリアス展開は別にいいんだけど、5分アニメには全くもって向いてないからなんとかならなかったんだろうか。割と急展開だったから30分アニメだったとしても微妙だったかもしれない。岡山弁の子の岡山弁がよかった。方言かわいいなって改めて思った。

★☆☆☆☆ オオカミ少女と黒王子
ちゃんと付き合いだしてからは普通のラブコメアニメに。妙なクズ具合は減ったけど、これといった特徴もなくなった。終盤のさたくんの家族がそこそこいいキャラだった。最後までさんちゃんがクールでかわいかった。

★☆☆☆☆ アカメが斬る!
いったい何が描きたかったのか。暗殺者集団の末路はろくなことはないっていうことなんだろうか。結末だけでなく道中も陰鬱だった。それを味とする作品もあるけど、これは悪を斬る爽快感とかを押した方がいいんじゃあ。主人公死んだのはまあいいとして、最後にレオーネを死なせたのは生き残ってしまったから適当に大臣と相打ちさせた感しかない。死なせるならもう少し派手な見せ場与えて死なせてやればよかったのに。あれだけのキャラなのに適当に処理するのは制作側の怠慢ではないか。とかそんな真面目に見てたわけじゃないけど視聴後に何も残らなさすぎて飽きれた。

★☆☆☆☆ TERRAFORMARS
もうちょっとうまくやってくれると思ってたんだよ。いや原作とか全然知らないけど、そこそこ有名らしいしだんだんおもしろくなっていくのかなと。そうしたらそれどころか最悪のテンポはそのままで話が全く進まずに、全然興味がない過去話がダラダラ垂れ流されるだけ。唯一不倫話が興味を引かれたけど、それが本当に唯一の盛り上がりどころだった。そしてそれは本編に全く関係がない。やる気がないんだろうか。2期はないなよし。

★☆☆☆☆ 白銀の意思 アルジェヴォルン
まだ最初のノリでやってればよかったのに。終盤の意味不明展開と締め方は見る気もなくすほど。2期はやらなくていいぞ。

☆☆☆☆☆ なりヒロwww
録画中止。一応見てたけど。てさぐれ早く帰ってきてくれ。


★★★★★が2個、★★★☆☆が6個という優良クール。蟲師が鉄板だけど、ヤマノススメは本当にいいものの再発見という感じだったなあ。
OPEDもヤマノススメ。あとトリニティセブンのED全4曲にもやけにはまった。特にED1とED2。
来期は2クールものの続きが多いから、新アニメは相対的に少なくなるんだろうか。事情であまり見れないだろうから助かるけど。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

こぜっと

Author:こぜっと
はやみんおれんだかんな

心の旅

アニメ

テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト 世界征服~謀略のズヴィズダー~

キスダム

素人にはおすすめしない

キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト

ほんだな

久々に更新

うぽってうたこい参加

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック