レ・ミゼラブログ
エロゲ感想記(休憩中)

聖地巡礼 欧州編 その2

パリ編。
いろいろ一般的な観光もしたけど、レ・ミゼラブルの一部を辿ってみた。
時間があれば近郊も行きたかったけど、+3日くらいはないときつい。
シャルノスと同じくキャプを添えたいところだけど、今手元にDVDがないのがつらい。

luxmar3.jpg
聖地パリ巡礼 -レ・ミゼラブル 少女コゼット-

バスティーユ広場
革命軍の暴動の舞台となった場所。原作本編ではクライマックス。
bast.jpg

オステルリッツ橋
あんまりアニメ見てても印象にないけどジャンとコゼットがジャヴェールから逃げた橋らしい。
ostel.jpg

ノートルダム橋
ジャヴェールが身を投げた橋。
nortbr1.jpgnortbr2.jpg

オピタル街
ジャンとコゼットが住んだゴルボー屋敷があった通り。現在はやたら交通量が多い。
opi1.jpgopi2.jpg

ピクピュス修道院
があった通りらしい。ジャンとコゼットが逃げ込んだ修道院。
picpus2.jpgpicpus1.jpg
と言われてもあんまりピンと来ないのは100年以上前の架空の物語と現実の現在で場所を一致させようとしているからか。ナンセンスなのはわかってるけど、これが旅の目的なのだから仕方がない。

リュクサンブール公園
レ・ミゼラブル少女コゼットの聖地と言っても過言ではない場所。ジャンととかマリウスととかもあるけど、個人的にはやっぱり幼年時代。
lux.jpg
マロニエの道。
luxmar.jpg
幼コゼットが背の高さを刻んでもらった木はどれだったのか。探してるうちに似たような傷のついた木はあちこちに見つかった。
luxmar2.jpg
広大な公園のあらゆる場所を探した結果、アニメで出てくる整然と並んでいない、少し盛り上がった丘にある木――聖木はこれだと認定した。
luxmar3.jpg
これで今回の旅の目的の90%は達成された。

ユゴーの家
作者ユゴーの家は現在ユゴー記念館として多くのユゴーに関するものが展示されている。
hugo1.jpg
中には日本の漫画も。
hugo2.jpg
せっかくなので買ってみた。
hugo3.jpg
うむ。
hugo4.jpg
ユゴーの書斎。
hugo5.jpg
ここで幼女コゼットが生まれたのか…。

デュマの墓
オマケ。モンマルトルの墓地に眠る、幾多の文学、ひいてはシャルノスやCarnivalなど数々のエロゲでも超有名な作家デュマの墓。
dumas.jpg
これはこのへん観光してたら偶然ふらっと墓地によって偶然見つけた。


以上、聖地巡礼欧州編は終了。期待以上のものを得ることができて、非常に満足のいった旅だった。
今度は原作と映画とミュージカル見て、アニメもおさらいしてロンドンのミュージカル見てリュクサンブールに行こう…。

コメント

すばらしい
コゼットかわいいですね
【2017/03/15 23:57】 URL | #LkZag.iM[ 編集]
ありがとうございます。
コゼットのかわいさを追い求める気持ちだけでこの旅は成り立っています。
【2017/03/18 04:46】 URL | こぜっと #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

こぜっと

Author:こぜっと
はやみんおれんだかんな

心の旅

アニメ

テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト 世界征服~謀略のズヴィズダー~

キスダム

素人にはおすすめしない

キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト

ほんだな

久々に更新

うぽってうたこい参加

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック