レ・ミゼラブログ
エロゲ感想記(休憩中)

2016年10月期

10~12月はずっと聖地巡礼の記事を書いていたためアニメ感想は全くの手付かず。ようやく12/31にこれを書き出した。
もはや中間も何もないのでいきなり最終感想を。

今回はそれなりに入れたり入れなかったり。2期もので特に追加コメントがないのは外した。
★★★★☆ うどんの国の金色毛鞠
OP:爽やかないい歌。結構好き。
ED:心温まるいい歌。結構好き。
過去を見せる力を持つポコは、父親が主人公のことを気遣っていたことを知らせるために、昔助けてもらったお礼に人化して主人公に近づいた。人化には相当な力が必要で、終盤変身が解けて半タヌキの状態が人々にばれてしまい、また過去を見せる力を使いすぎて人に戻れなくなってしまい、主人公の元から去らなければならなくなってしまったけど、主人公以外の人々はポコが化け狸であることをすんなり受け入れた。最後は力を取り戻したのかポコと再会して終了。全体的にかなりよかった。あと今家族ものに弱い。
ポコは最初女の子と思ってたけど、そんなことどうでもいいくらいかわいいから問題ない。タヌキ化しててもかわいいという。うさドロと甘々とうどんを無限クールで流し続けて欲しい。姉ちゃんがやたらかわいいのもポイント。姉ちゃんエピソードはどれもよかった。

★★★☆☆ フリップフラッパーズ
OP:この人の中でも一番爽やかでスタンダードな曲だと思う。基本的に好き。
ED:作品を象徴するかのようにぴったりな曲。
年に1,2本はある不思議系アニメ。その中でも80年代的懐かしさを感じる不思議さと、それにマッチした魅力的なキャラデザで1話から今期はこれだなと思っていた。
一応SFを取り入れた不思議系だけど、かなりファンシーにしているためSFという印象は薄い。もっと実はSFSFしていて終盤にずばーんとくるかなーとも思っていたけど、終盤に来たラスボスはまさかの母親。なんで母親のもう1つの心がああいうふうに出てしまったのかよくわからなかったけど、一応そのへんに帰結して、最後に百合が勝って終わった。
古くはサジタリウス、最近ではダンディを感じさせるような作品だった。まあここながかわいいよね。

★★★☆☆ Hi☆sCoool! セハガール
OP:スタンダードな電波系ソングで好印象。結構好き。購入決定。
ED:まさかの社歌アレンジ。実際社歌としてもいいメロディだと思う。社歌と現代風アレンジのシンクロ具合がとてもいい。欲しい。購入決定。
セガのハードたちがセガのいろんなゲームたちをプレイするセガのためのセガアニメ。
セガゲームは実はあんまりやったことがない。メガドラは持ってなかったし、持ってる友達も多くはなかった。サターンから少しずつ入っていった感じだろうか。まあやっていたゲームもDESIREとかのコアなものだったけど…。クレイジータクシーはゲームキューブに移植されたやつをやってたから、あんまりセガ感がない。
このへんは過去のゲーム記事でいっぱい書いたからいいとして、メガドラ、サターン、ドリキャスとそれぞれ個性的でいいアニメだったと思う。もっとED遊んでくれてもよかったんだよ。

★★★☆☆ あにトレ!XX ~ひとつ屋根の下で~
ED:わかりやすくて元気の出る歌。購入決定。
伝説のトレーニングアニメの2期。自身の存在意義を完全に理解し、視聴者のニーズを完全に把握し、まさかのはずれ回なしの1クールを提供し続けた、また伝説となってしまったアニメ。是非3期も頼む。

★★★☆☆ 奇異太郎少年の妖怪絵日記
ED:複数あり。
座敷わらしと雪女がやたらかわいいアニメ。5分アニメは高速ギャグかかわいいに限る。

★★★☆☆ ろんぐらいだぁす!~運動が苦手な女子大生のまったりゆるふわ自転車ライフ~
OP:まあまあ。
ED:影山ヒロノブ作詞作曲わろた。まあ言われてみれば男らしい曲かもしれない。Bメロが好き。購入決定。
こんなタイトルあったのかっていうくらい女子大生には見えないサイクリングアニメ。ちょうどこれやる少し前に個人的にクロスバイク乗り始めたけど、こんなに爽やかに走れないよ!
序盤を除いて基本的に作画が崩れっぱなしだったのは某アニメのせい。レガリアを許すな。
話はまだまだできるし、2期をやろう。

★★★☆☆ ブレイブウィッチーズ
OP:ウィッチーズと言えば石田燿子。まあまあ。
ED:リンドバーグカバーとはお目が高い。当時あんまり聞いてなかったけどめちゃくちゃいい歌だなこれ。購入決定。
ストウィ2期から長年、ついに別部隊を描いたアニメが登場。基本的に構成はストウィを踏襲してるけど、ストウィの方がキャラは濃かったかなあという感じ。というか主人公が管野とニパとつるみすぎて、他にあまりスポットが当たってなかったのがやっぱり惜しい。まあ今回の主人公は素人で弱いという設定だから、芳佳みたいなキャラが主人公としてはふさわしいのかもしれない。あとCGが微妙にしょぼいからブラッシュアップするか、手書きでがんばろう。絵が大事な作品なんだから。
エイラーニャが2話ほどゲスト出演。時系列的には1期と2期の間らしいから、まだ魔力はある身。素晴らしい。
この調子で他の部隊もどんどんやろう。まあ5年ごとくらいでもいいから。

★★★☆☆ 終末のイゼッタ
OP:まあまあ。
ED:まあまあ。
魔女が大型ライフルに乗って飛ぶというミスマッチさがまず絵的におもしろい。それで近代兵器を相手に無双するのが気持ちいい。カリスマ性もあってなおよし。ただ、敵側にも同様の魔女を出すのは安直すぎたかなあと。魔女VS近代兵器がおもしろいのに、魔女VS魔女だと他のアニメでもできる。GATEなんかは現代兵器の方が押してたけど、その逆もありだよなと思わせられていたのに。敵魔女の設定もありがちだし、もう少しなんとかならなかったんだろうか。それでもエピローグの雰囲気はいい。あれはあえてイゼッタの表情を見せないあたり、まともな状態では帰らなかったんだろうなと想像させるところがいい。共倒れでもよかったけど、英雄と讃えられながら、それを理解することでもできずに細々と余生を過ごすのもありだと思う。まあ、実際は少なくとも頭はピンピンしてるかもしれないけどw

★★☆☆☆ Lostorage incited WIXOSS
OP:全体的に好き。購入決定。
ED:ひたすら暗いイントロで始まるのがいい。サビをやたらチャカチャカさせずに、しっとり系で通したらよかったのに。
セレクターの続きだけど、設定がいろいろ変わっててなんでそうなってるのかは説明されてないもやもや感が残る。ツンツン幼なじみが最後は結局百合には勝てずに元鞘に戻るアニメ。ラスボスをもっと完膚無きまで倒してくれてもよかったし、消えた人たちの救済もあってもよかったかなあと。可能性はあっただけにいろいろ惜しいアニメ。あとあきらっきー分が圧倒的に足りない。まさかラスボスにその重役を課していたわけでもないだろう。あきらっきーみたいな仕事は今回のラスボスみたいな雑魚にはできないんだよ。

★★☆☆☆ ViVid Strike!
OP:ゆかりんかと思ったよね。
ED:まあまあ。
ついに魔法少女の冠がタイトルから外れて肉弾少女になってしまった。仮にも元美少女ゲームのキャラがやってはいけない顔に殴られてたりする。まあこれはこれでおもしろい。
といっても序盤はひたすら退屈だった。よくわからないボクシングみたいな競技の練習をしているだけ。そこに唐突に本作ヒロインのリンネの過去エピソード回。これは伝説になった。そしてここから急激に作品の注目度が高まった。俄然応援するのはリンネ。リンネ以外の背景をあまり描いてないのがなんか凄い。最後の決着はよくわからないまま濁して終わった。まあおもしろかったよ。

★★☆☆☆ アイドルメモリーズ
OP:まあまあ。結構好き。
ED:好き。映像もいい。今期一かもしれない。購入決定。
アイドルアニメとしては特にひねりもなく平凡。CGが割りとがんばっている。アイドルアニメってここ何年か量産されてるけど、ラノベアニメとかソシャゲアニメほど辟易しないのは、自分としては好みのジャンルということなんだろうか。こう、ヒロインたちには純粋に目指すものがあるから、真っ直ぐな子たちが多いから好印象なのかな。ひねたらひねたでいいし。

★★☆☆☆ 競女!!!!!!!!
OP:さすがっす。
ED:まあまあ。
たまにふと冷静に戻るとこの絵は異常だよなと気付かされる尻アニメ。もはや尻で殴ることが日常すぎて困る。話はまあ普通。いかに異常さをアピールするかが勝負。全体的におもしろかったと思う。

★★☆☆☆ 灼熱の卓球娘
OP:まあまあ。
ED:まあまあ。
きらら系熱血系卓球アニメ。きららじゃないけど。作画も安定してたし、結構よかった。花守ゆみりももう安泰だな…。

★★☆☆☆ ガーリッシュナンバー
OP:まあまあ。
ED:まあ。
キャラデザよし、ひねたキャラよし、話は割りと真面目でまあよし。ヒロインを愛せるかどうかで好き嫌いが分かれそう。全体的にまあ楽しめた。

★★☆☆☆ 私がモテてどうすんだ
OP:まあ。
ED:強い。
おもしろい系少女漫画アニメ。設定だけで一見の価値あり。画伯声のヒロインという冒険に出たけど、途中から慣れてきたから問題ない。最後までそれなりにおもしろく見れたと思う。

★★☆☆☆ TO BE HERO
OP:覚えてない。
ED:結構好き。
今期の中華アニメの中ではダントツでおもしろかった。録画してたと思ってたけど前番組ともども全然録れてなかった。それがちょっと惜しいかなと思うくらいにはよかった。

★★☆☆☆ 装神少女まとい
OP:まあまあ。
ED:苦手。
巫女ヒロインが超次元へ行くアニメ。まあありがちで特にひねりもなかったけど、まほいくとかあった今期だとこういうのでほっとする。
動きに特化したキャラデザ、作画は嫌いじゃない。

★★☆☆☆ ステラのまほう
OP:まあ。
ED:透明感があって好き。購入決定。
きらら系ゲーム作りアニメ。話は普通であんまり印象にない。長縄まりあも安泰だな…。

★★☆☆☆ Occultic;Nine‐オカルティック・ナイン‐
OP:まあまあ。
ED:結構好き。サビの最後が特に好き。
早口で謎解き。それだけならまあいいんだけど、軽口を早口でまくしたてるのはイラつくからやめてほしい。おかげであんまり内容を把握してないまま終盤へ。最終回は3話分くらいのシナリオを詰め込んだなあっていうくらいのセリフ量。これ構成間違えてるよね。2クールかけてやってちょうどいいくらいの分量だけど、2クールこれをやられてもだれるだけな気もする。いらないところは削って、スマートにやってもよかったんじゃないだろうか。早口アニメはてーきゅうだけでいいんだよ。

★★☆☆☆ ナゾトキネ
OP:もうちょっと歌を…。
ED:もうちょっと歌を…。
謎解きショートアニメ。謎がノーヒントでそんなのわかるかっていうのばかりでどうしようもない。止め絵のエロだけは見れないこともない。その程度のアニメ。

★☆☆☆☆ 魔法少女育成計画
OP:まあまあ。勢いがあってよろしい。
ED:まあまあ。
誰もファヴに攻撃しようとしなかったのが甚だ疑問。最終回でやっと主人公が石ぶつけたくらい。12話分イライラさせられたんだから、Bパート丸々使って復讐してもよかったのに。鬱々した作品なんだから最後にそういう爽快感があってもいいと思うんだ。ヴィヴィストを見習え。
そしていったい何がやりたかったのか。魔法少女たちを殺しあわせて、その先に特に何かあったわけでもない。死に方も特に意味はない。ただ外見がかわいらしいキャラたちが無残に意義もなく散っていく様を見せたアニメ。それに何の価値が見いだせるというのか。これのあとに魔法少女なんてもういいですからを見ると凄く心が安らぐ。


総合的にはうどん、フリフラの2強、ネタ的にはセハガ、あにトレが楽しかった。
OPEDはアイメモOP、ステラED、セハガOPED、あにトレED、ブレウィED、LostorageOP、ろんぐらいだぁすEDを購入。これから聴くよ。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

こぜっと

Author:こぜっと
はやみんおれんだかんな

心の旅

アニメ

テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト 世界征服~謀略のズヴィズダー~

キスダム

素人にはおすすめしない

キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト

ほんだな

久々に更新

うぽってうたこい参加

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック